After Effects初心者が入れてみたプラグイン【2021】

After Effectsに関しては、本を一冊読んでそこに書いてあることはやってみたのですが、その本にはシェイプのアニメーション、イージングについては特にさらっとしか触れていなくて、このままではアニメーションがまともにつくれないと、プラグインやプリセットを漁ってみました。(動画の編集に関しては比較的、簡単だと思います。Adobe Premiereと同じですね)

After Effectsデフォルトで入っているテキストアニメーション

まずは、デフォルトで最初から入っているテキストアニメーションのプリセットがありますが、これがなかなか強力でした!取り急ぎ、テキストアニメーションに関してはほとんどダブルクリックでなんでもかんでもできちゃうと思って差し支えありません。

そうそう、こういうのが欲しかった。
動画にまとめてみました。

なお適用時には、Adobe Bridgeでデモ画面を見るといいと思います。

Motion Bro プラグイン

お勧め度★★★

内容としては、エキサイティングな感じのトランジションが多いです。動画にアクセントをつけるのに向いてますね。アドビCC経由でインストールできるのに、中身は別ルートでガムロードから落とさなければいけません。しかもそれが1GBあります。

かなり面倒なので、他のプラグインで事足りる人は、まあいいかな…。でも下記みたいなHUDが無料で作れちゃうので、とにかく急ぎでなんかつくらないといけない人にはいいのかも。

ANIMATION COMPOSER

お勧め度★★★★★

とてもわかりやすいプラグインです。馬のマークが目印。この馬ちょっとイラっときますけどね。内容は多岐にわたるので色々試せます。

ありがたいのは、ちょっとしたロゴを動かしたいとかそういう時に一瞬でエフェクトつけられることですね。効果音もかっこいいですよ!あとデモンストレーション画面が見やすいです。

AEjuice

お勧め度★★★★★

イージングをコピペできるツールや、トランジション、アニメーションをダブルクリックで適用できるプラグイン。

もしかしたら、Animation Composerよりある意味、便利。

簡単にかっこいいアニメーションが作れるし、イージングだけのコピペなら、比較的自由度は高い。あと自分でグラフいじらなくて済むし。

wzzly

フリーのプリセット。数が少ないだけ、わかりやすいかも!あと軽いし導入しやすい。

まとめ:実写の動画と組み合わせてみた

可能なかぎり色々なトランジションとテキストアニメーションを適用して、ショーケースとして動画を作ってみました。

まだまだですが、ある程度、できるようになったな!!という集大成の作品です。

最近の記事