pecharat.com

WEBクリエイター富樫葉子のWEBサイト

トルコ旅行:1泊目

今回はGWが10連休ということで、急遽とったHISの航空券。

なんとシンガポール乗換であった。

このチケットを選んだ理由は、シンガポールの空港が素晴らしいと聞いていたからだ。確かに素晴らしかった。なにしろ治安が良いし大変綺麗。物価は高いけれど、金持ちな雰囲気があり、座る場所が豊富にあった。

残念ながら早朝のため、閉まっている店も多かったけど。

イスタンブール空港には現地時間8時くらいについた。

これがなかなかやっかいで、国内線の乗り継ぎまで3時間くらいあけてしまった。ところが、イスタンブール新空港は素晴らしい場所だった。新築、だだっ広くて快適、食べるところや寝るところが豊富にあった。とくに寝れるソファが大量にあるのは助かった。

荷物をしっかり体にゆわえつけて寝ている女の子たちがいたので、近くで私も少し寝た。

なお、イスタンブール空港から私はそのままカイセリへと乗り継ぎをしたのだが、ここでいったん出口から出たら、右に歩いていくと、ATMが6個くらい並んでるガチな感じのATMステーションがある。

ここで、英語を選んでクレジットカードでキャッシングをした。
これがものすごい便利なのでおすすめ。
私はエポスカード。海外旅行保険つきである。
利息はつくが、帰国した翌日に丸井のカードカウンターに行くと、繰り上げ返済が可能だ。400円くらい繰り上げることができた。
窓口で訴えなくても即座に現地の現金が手にはいる。こんな便利なことはない。だが唯一の欠点は、全部100トルコリラ札で出てきたことかな。

1500リラほど引き出して、しっかりしまうと、カイセリへと向かった。

カイセリからカッパドキア

トルコ人のおっさんというのは概してうさんくさいルックスをしている。いわゆるイスラム系の顔の人が多い。

だが多くは、不愛想だが仕事はちゃんとしてくれる。

なにより、カイセリ=イスタンブール間の送迎は大体100TR。2000円くらい儲かるのだ。

これは現地で言うとなかなかお高い金額だと思う。

フロントガラスにひびの入ったバンに他のお客と乗せられる。

「君は助手席」と言われて、私が笑うと、「あんたは副操縦士だ!」と冗談を言われた。

トルコの田舎はだだっ広くて、地平線が不思議な地形をしていた。

そして、突然、エルジェス山がドーン!とそびえたった。これがまた、真っ白で大変美しい。

運転手はかなり荒っぽい運転ではあったが、左手に魔除けの数珠をかかえたまま、飛ばす飛ばす。

ネヴシュヒルにつくと、それぞれの洞窟ホテルに客を降ろしていく。なんと私が最後であった。

アンバーケーブスイーツ。

このホテル、ガチの洞窟なので、なんと左側は崩れかけてて、デンジャーの貼り紙がしてあってめっちゃ物騒な感じであった。

だが、部屋に案内されると、そこはかなりまとも!

というか、洞窟ホテル本当に良い。ひんやりしていてとても落ち着く。

夏なんかは避暑に良いだろう。冬は寒いだろうが、オイルヒーターがセントラルコンディショナーとして設置されていた。

怖いとか、薄気味悪いという感覚はあまりなかった。

私は、迫害されたキリスト教徒のごとく、洞窟に安心して身を寄せて、それはよく寝たのだった。

カッパドキアの気球は天候により中止。

日没も見に行ったんだけど、天候の悪さでほとんど見れなかった。

この日は、ネヴシュヒルの小さな街を歩き回って、ご飯を食べ、野犬におそれおののきながら、じっちゃんのナンパをことわって、あの小さな洞窟ホテルにて、ぐっすりと寝た。


トルコの絨毯屋はマジでやばい

トルコの絨毯屋はマジでやばい。

なにがやばいって、まず絨毯は手織りなのでクソ高い

私の給料で買えるレベルではない。1枚10万とかする。意味がわからない。私の経済力では、バスマットせいぜい3000円が限界といったところだ。

なのに、トルコの絨毯屋は、必死で日本人に絨毯を売りつける。

なぜか?これがまた、おかしいのだけど、

トルコ人は、絨毯文化に非常にプライドを持っている。詐欺師なんかですら。で、全員おなじうたい文句を言ってくる。以下の話を始めたら、電話かかってきた、と言って逃げてくださいwww

・私は絨毯デザイナーである。

・日本人に絨毯を売っている(展示会をしている、というが、単に売ってるだけ)。写真を見せてくれるが、大体所在なさげな被害者日本人があいまいな顔で笑っていることが多い。とりあえず楽しそうではなかった。

・無印良品と大塚家具におろしたことがある。(常套文句)

・ウール、コットン、シルクの絨毯の説明を始める。毎回同じ。

この辺まで来たらまず買わされる可能性がある。思いっきり嫌な顔をしてやろう。

他にも断る文句を考えておいたほうがいい。

電話がかかってきた、ツアーの待ち合わせの時間だ、お金使い切っちゃって、ホテルにカードを置いてある、などなど。

また、スルタンアフメットで声をかけてくるやつは100%絨毯屋なので、その時点でなるべく逃げることだ。

逃げ方としては、

・トプかぷ宮殿に向かっている(中は広大なので、誰もついてこないはず)

・これからディナーショーなんだ。もう予約してある。と言って、場所聞かれたら、遠い駅名を適当に言おう。

・「ついてきて」と言われて、前を歩きだしたら、適当なところでさっとスーパーマーケットなどに入ってしまおう。スーパーは絶対ぼったくらない大変安全なスペースである。もしくは、トラムの駅にさっと改札に入って、知らんぷりをしよう。

・そもそも、ヒジャブを被って移動する。これは効果的だ。あいつらは、異教徒しか狙わない。

・LINE交換には応じる。それで信頼を得て、また会おうねって言えば、いったん離してもらえる。そのあとは、何に誘われようが、全部無視。たまに「忙しかったの」って言い訳して弄んでOK.

私は、トルコ人とLINE交換して解放してもらい、さんざん無視したあと、シンガポールまで移動したところで暇だったのでトルコ人の悪口をLINEで送ってやった。案の定逆ギレ。

これで金輪際、日本人を相手にしないでほしいんだよね~。

撲滅してよ!!トルコの絨毯押し売り。

欲しい人は自分で買いにいくっての!!!!!

私はオヤが見たかったのに。誰も売ってくれないんだもんなーーーー