婚活パーティーに行ってみた!

私はその日、どえらく落ち込んでいた。

仕事がとにかくうまくいっていなかった。あー、もう結婚して仕事やめよっかなー。とツイッターにつぶやいた。

即座に妹がひろってくれたww

というわけで、最近彼女がはまっている、婚活パーティーに行ってみることに。

「お試し気分でもいいかなあ。」と言ってみたところ、「大丈夫!」と言われ、なんとなく行ってみることにした。

 

正直、結婚する気があまりないので、周りは「え?婚活パーティーなんか行ったの?!」って驚くことしきりだろう。

でも最近の婚活パーティー、色々あるけれど、私が行ったやつは女性は500円。異様に安い。

なんだ、そんなもんか、と思った。

結婚しようと意気込むと、余計失敗しそうな感じがする。

ものは試しで問題ないと思った。いろんな人と話をすれば、少しは気が晴れるだろう。

 

FxCam_1382277889091

実際にカップリングが行われるカードは回収されちゃいます。

パーティー自体は、狭い会場で行われた。

ひとまず、全員の男性がひとりずつ、まわってきてくれるので、1分半ずつ会話をする。とても短い!

そのあとフリータイムが2回ほどあり、ここで相手を選ばなければならない。そのためのカードが写真である。個人情報が漏れないように、番号化している。

 

システム自体は、いたって普通。すごくしんどいというほどでもない。あえて言えば、男性の数が少ないので、結構暇を持て余してしまったのがしんどかった。

何よりおもしろいとおもったのは、とにかくいろんなタイプの男性がいたことだった。

ここで、自分の好みがはっきりと分かれてくる。

私は確信した。

 

男は顔じゃない。

 

これは、もはや、「事実」である。

 

年収1000万、外資系という男性が一番ひどかった。どのくらいひどいかって、もう筆舌に尽くしがたい。顔を観るのも嫌になるような性格だった。驚いた。

この人が一番年収高いのに…。

素敵な人はやはりデザイン系とかの人。でも繊細そうだった。

一番楽だったのは、特に特技のなさそうな会社員の人(何系の人か全然わからない)と、塾講師の人。話がさっと盛り上がる上に、こっちの話もちゃんと聴いてくれている。しゃべっていてとても楽しい!

イケメンの類は一切いなかった。多分外資系は自分がイケメンだと思ってると思うが、あそこまで高慢だと話自体ができないので顔はもう関係ない。

個人的なアドバイス。私は、シャイな男性はかなり好き。シャイな男性に対して、女性は警戒心を解くことができる。「僕うまくしゃべれないんですう」は結構モテると思う。なので、臆せず婚活パーティーに出てほしい。

シャイな男自体は問題ない。問題は、そのシャイな男が、「真性優柔不断」の場合だ。要はいろんな女性の間を渡り歩いてしまう場合。これは、絶対に嫌われる。

なので、シャイな男性は、謙虚で一途でいてください。そのくらいしか美徳がないのですから(ひどい言いよう)。

でもスキルがあったらアピールするべきだね。今はやりのプログラマー系とかね。

 

正直、嫌なやつがいたのでフルに楽しめなかったが、とてもいい経験になった。

真剣に結婚したい場合は、かなりがんばらないといけないかもしれないが、出てみること自体はお勧め。メールのやりとりだと厳しいかもー、だからね。百聞は一見にしかずだなあと思った。

バナーはっておきます。女性は参加しやすいと思う。

あと個人的には、異業種交流のほうが楽しそうかなと思う。

 

どっちかっていうと「出会いを求めて行く」という感じだったな。

実際に結婚するには、かなり根気よく付き合わないと、難しいかもしれない。